ページトップへ

TALARIA代表 徳山康秀 ご挨拶

私は義肢装具士として、整形外科や皮膚科などで医師の指示のもと、
治療を目的とした装具を患者さまに数多くおつくりしてきました。
その中でも病院でお会いする患者様は足のトラブルを訴える方が多く、
また近年では糖尿病が原因で起こる足トラブルも問題になっています。
糖尿病は人工透析などの影響で足の血菅が硬くなったり、感覚の障害を引き起こします。
結果、傷も治りづらく感染症などが原因で最悪の場合、足を切断される方もいます。

悲しい足をたくさん見てきたからこそ健康な足を守りたいと強く思い、
2017年2月にTALARIAを創業致しました。

TALARIAは様々なアイデアで"足"を守る活動を行い、自らの意思で自由に行きたいところへ行けるという自立と、自分で自分を守るという自律という2つの意味を含んだ"自リツ"を支えるお手伝いをさせて頂きます。
一緒に大切な足を守りましょう。一緒に学んでいきましょう。
そして一緒に、いつまでも飛び立てる"健康な足"を守っていきましょう。

WHAT IS TALARIA

ロゴデザインに込めた思い...

ヘレネス(ギリシャ)神話にでてくる、金の翼を持つ空飛ぶ魔法の靴をモチーフに。
様々な"自リツ"を促し、支え、そして人々が自ら色々なところへ飛び立てるようにしたいという思いをロゴにしました。
いつまでも飛び立てる"足"を守りたいという事業テーマを表します。

6枚の羽根の意味

TALARIAの事業テーマ
「医療」、「予防」、「教育」、「衣」、「食」、「住」 を表します。

TALARIAの足

自ら前に進む「自律」を表します。

支える手

「自立を促し支える手」を表します。